電車線屋による電験一種への挑戦

電車線屋は力学しかできないなんて言わせない!電磁気学や電気回路などの電気工学をマスターし電験一種の取得を目指すブログ(平成27年、ついに電験1種合格!)。鉄道電気技術(電車線技術)、発電・送電・変電・配電・電気機器・パワーエレクトロニクス等の電力技術、電験過去問(一種・二種・三種)も分かりやすく解説!目指せ第一種電気主任技術者!


スポンサードリンク

キーワード:誘導起電力、ファラデーの法則、磁束、巻数、三相交流、三相同期発電機
難易度:★★★☆☆(三種レベル)

誘導起電力の大きさ

前回の記事では、同期発電機における周波数はどのように決まるのかについて解説しました。
発電機にとって周波数と同じくらい重要な要素は、やはりどのくらいの起電力が発生するかですよね。
ということで今回は同期発電機が発生させる誘導起電力について考えてみます。
続きを読む

距離÷時間で求まるのは平均速度

電気理論の解説に本格的に入る前に、必要な数学の解説をしておきます。
今回は『微分』について考えましょう。

微分・積分と言えば高校の数学でも最も難解な分野の1つというイメージを持っている方も多いかと思いますが、分かってしまえば実に簡単で、しかも電気工学の理論を考える上で非常に重要な数学テクニックです。

続きを読む

分野:電力工学

電圧と電流を基準値で割ってみる

前回の記事では、電力系統の計算をする上で、オーム法は非常に煩雑な計算を要するので適していないということを説明しました。
今回はその解決策として広く用いられている単位法および%Z法(パーセントインピーダンス法)について説明します。
続きを読む

分野:電力工学

単位法・%Z法とは?

電力系統において電圧電流などを計算するとき、通常の回路計算と同様に電圧をV(ボルト)、電流をA(アンペア)、インピーダンスをΩ(オーム)、電力をVA(ボルトアンペア)の単位のままで計算しようとすると、非常に手間がかかります。
そこでこれら4つのパラメータにそれぞれ基準となる値を定め、その基準値に対してどの程度の割合なのかを表す方法が単位法パーセントインピーダンス法(以下、%Z法と書きます)です。
続きを読む

キーワード:同期発電機、回転界磁型、電磁石、鉄心、界磁巻線、励磁、励磁電流、スリップリング、ブラシ、多極化、回転数、周波数
難易度:★★★☆☆(三種レベル)

スリップリングとブラシ

今回から同期発電機の理論について解説していきます。
大型の発電所で主に使われている、回転界磁型の同期発電機について考えてみましょう。

回転界磁型の同期発電機とは、前回説明したように、回転子が界磁(磁界を発生するもの)となるような構造の同期発電機のことです。
続きを読む

↑このページのトップヘ